尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:30

ホーム > 私が思っている事 > 私が思っている事:2018年1月

私が思っている事:2018年1月

一年が始まる。毎年ですが一年の目標を考える。

2018年の理事長としての目標は

 

 Don’t say impossible, it’s just difficult , not alone!!

 

 去年、病院に求められたことは“病気が治ること”“今より楽に生活できること”“最期の時が尊厳をもって迎えられること”と考えた。どれも自分だけでは出来ないことで本当に「協働」あってこそ。沢山のスタッフと共に歩み、磐石な病院へ進んでいると実感している。

 だからこそ一人ではない!と思える。どんなことでも乗り越え、実現できる。昨日より今日、今日より明日。松下幸之助が「この日この朝」で書いているように、喜びをさらに大きな喜びに変え、立ち止まらず、昨日の工夫の上に、明後日の新たな思いを持ち続ける。これは大変なことだが、仲間がいるからこそ出来るのではないだろうか。喜ぶ顔、立ち止まらないよう背中を押してくれる一声、一人では思いつかないような工夫。「仲間がいればできるか?」出来ない。賀詞交歓会で鱸院長が話された「垣根を越える」が仲間同士の中でなければ出来ない。

 「やろう!」と情熱を持って思い、腹をくくって実行すること、他職種間の垣根を越え、協働することがこれからの医療にもとめられていることだ!

 

為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

 

 尾﨑病院はchallenge精神で2018年を突っ走ります

ページトップへ