尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:00

ホーム > 看護部 > 療養A病棟

療養A病棟

患者さんの気持ちを感じ取って
同じ目線になって接したい。

在宅療養に向けてできるだけサポートを行うこと。心を開いてゆっくりと話し相手になることも仕事です。

療養A病棟とは

 急急性期を過ぎて病状は安定しているものの、治癒困難が続いており、まだ治療・加療が必要な状態の患者さんや、リハビリ、退院支援が必要な方のための病棟です。
 療養病棟は入院基本料1と2の基準があり、厚生労働省で定められる医療区分2と3の入院患者さんの割合で入院基本料が決定します。当病棟は入院基本料1を取得しています。

  • 医療区分3の患者
    • 酸素療法を実施している状態(密度の高い治療を要する状態)
    • 中心静脈栄養を実施している状態など
  • 医療区分2の患者
    • 1日8回以上の喀痰吸引を実施
    • 透析を実施
    • 頻回の血糖検査を実施
    • 褥瘡処置を実施など

療養A病棟の紹介(60床)

 療養A病棟は、患者さん、ご家族の気持ちに寄り添い、思いやりのある看護・介護が提供できることを目標に、看護・看護補助職員が連携して毎日の清潔ケアや排泄ケアを行いながら患者さんやご家族が満足していただけるように取り組んでいます。
また、寝たきりによる二次障害を予防するために、毎週1回レクリエーションを行ったり毎日昼食時にはデイルームに集まってお話をしながら食事をする、など患者さんが楽しみながら生活することで本来持つ力を引き出せるようなケアを提供しています。
また、患者さん、ご家族が望まれる場所へ望まれる形で退院できるよう、他職種と連携し、退院支援にも力を入れています。
私たちは、日々患者さんひとりひとりの思いに寄り添えるような看護の提供を心がけています。

師長の思い

 患者さん、ご家族が安心して穏やかに療養生活が送れるよう、話を丁寧に聞き、相手の心に寄り添えるような思いやりのある看護・介護を目指しています。

職員配置

看護師/准看護師 19名
看護補助者 17名(介護福祉士資格者あり)

部署紹介

ページトップへ