尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

(診療予約は午後のみ)

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:00

健診・ドックについて

0857-31-2665

10:00〜16:30

ホーム > 私が思っている事 > 私が思っている事:2014年7月(A to Z 復刊 第7号掲載)

私が思っている事:2014年7月(A to Z 復刊 第7号掲載)

”病院らしくない病院“とか”病院の概念を超える病院“とか、病院の既成概念を取っ払った病院として尾﨑病院はありたいと思っている。

たとえば、「今日のウォーキングのコースは尾﨑病院経由にして、糖尿病についてのパンフレットをもらってこよう。」とか、「今日のランチは尾﨑病院の食堂にしよう。」とか、気軽に日常生活の一部に利用してもらう。

また、「うちのおじいさんが食べられなくなったんだけどどうしよう。そうだ、かかりつけではないけれど尾﨑病院に相談してみよう!」と、困ることがあれば気軽に相談できる場として地域の方に認識される病院。そんな病院があってもいいのではないか。

そうはいっても、「やっぱり病院は、少し敷居が高いなあ」と思われるかもしれない。

認識、あり方を変えるよい方法はないだろうか。

そうだ!名前を変えてみよう。結婚して名字が変わると意識が変わりませんか?

ということで、考えてみました。

トータルサポートセンター尾﨑  

んー、カタカナわかりにくい。では、

総合生活支援センター尾﨑

といっても医療、治療もできるところであることが言いたい。やはり病院という文字も欲しい。じゃあ、

尾﨑総合支援病院は?

まだまだ考察の余地がありそうだ・・・・

新たな、全く違うカテゴリーとしての病院をこれから考えていくのもおもしろい。

もうちょっと考えてみようっと。こんな病院が素敵ですとか、こんな体制があれば高齢の方、高齢の方を支援している家族に心強い、という考えがあればご一報ください。

お待ちしています。。。。 

ページトップへ