尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

(診療予約は午後のみ)

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:00

健診・ドックについて

0857-31-2665

午前 10:00〜17:00

ホーム > 私が思っている事 > 私が思っている事:2015年7月

私が思っている事:2015年7月

Q1:私はなぜ水泳部を始めようと思ったのか?

A:目標達成により仲間でガッツポーズをしたい。

解説:今年の私の目標の一つに“水泳のマスターズに出場する”がある。なぜ、大会に出るのか。大人になると涙を流して喜んだり、悔しがったりすることがない。小・中・高では部活動があり、毎日一生懸命練習に励む。“仲間と共に”しんどくても達成したい目標があり、それに向かって皆が一致団結してがんばっていく。達成できれば肩をたたき合って喜ぶだろうし、できなければ悔し涙を流すだろう。社会人になると、そんな経験は積極的に求めない限り得られない。40歳を超えたけど、そんな感動を私は味わいたい!!私はスポーツがとても苦手。ただ、小学校、中学校とやってきた水泳ならできる。5月の連休にPAJAに入会(そのときは入会費無料だった!)週1回くらい泳いでいる(時に福部のプールでも子供と共に泳いでいる)。泳ぎ始めるととても気分がいい。私できるかも!

現在無理やり水泳部入会を勧め(パワハラ?)9名の仲間ができた。

さらなる部員大募集。

Q2:なぜ今年は売上数値目標を出したのか?

A:上に同じ(病院のスタッフ全員と、ガッツポーズがしてみたいことが理由の一つ)

解説:病院の使命は“人生後半のトータルサポート”共に生きる喜びを感じたい。

使命とは目標ではない。もっと永続性のある課題である。仕事の中で使命感を意識しているのは毎日ではないだろう。時に振り返って“私の使命は・・”と思い返すくらいであろう。何か具体的な達成できる、目に見える目標はないか?仕組みを変えたり、連携したり、仕事内容を見直したりして、その掲げた目標が達成できたら、スタッフみんなでガッツポーズができるんじゃない?医療と売り上げは結びつけにくいけれども、達成までに業務を見直すプロセスや、改善により病院内が一致団結してより強い尾﨑病院になれるのではないか。そうして、一人ひとりが自分の働き方を見直したり、患者さんと真剣に向き合うことで何が問題なのか、何が求められているのかが見えてくるかもしれない。

 私がこの目標を達成するためにしなければいけないことは、“内部との対話を通して(幹部の考えがわかる?あなたの思いが伝えられている?)方向を一つにすること” いま、これができていないことが尾﨑病院の問題点の一つであると感じている。

“対話をしよう!私たちの使命を全うするために”

ページトップへ