尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

(診療予約は午後のみ)

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:00

健診・ドックについて

0857-31-2665

午前 10:00〜17:00

ホーム > 私が思っている事 > 私が思っている事:2016年5月

私が思っている事:2016年5月

仲間がいることの幸せをかみしめている。

 理事長になって5年が経過した。常勤医師の病気などで本当に人の2倍働いていた頃が懐かしい。もちろん常勤医師、非常勤医師にかなり助けてもらっていたが、圧倒的に医師が足りない。毎日毎日だれか~~~と心の中で叫んでいた。多分その頃共に働いていた医師は、このままで病院は大丈夫だろうかと不安を感じていたはずだ。Dr.Callがかかり、駆けつけても医師は一人。心電図変化をどうとらえて良いか分からず急性期病院の先生にFaxを送ってみてもらったり、70人の受け持ち入院患者に対応し、透析でのトラブルに対応するなど、良く働いたなあ!と思う。でも、なぜか悲観する気持ちがなかった。なぜか未来は輝いているはずだと心から思っていた。仕事が滞りがちな状況でもスタッフは待ってくれ、共にしんどい思いをしていた医師が力になってくれるような病院が輝かないはずはない。必ず常勤医は増えるはずだと思っていた。そして今、呼吸器疾患の相談に乗ってくれる医師、心電図、心エコーの対応してくれる循環器医、カテーテル挿入、胃瘻造設何でもこなしてくれる外科医、患者を選ばず最善を尽くしてくれる救急医、言われること、されることお手本にしたい整形外科医、この5年間で5人もの先生と出会うことができた。本当に涙が出るほど嬉しいし、もう自分だけで抱えなくても大丈夫と思える。そして、みんなとてもいい先生で毎日感謝の気持ちしかない。自分が不得手なこと、誰かに頼りたいことを各先生が自分の事のように対応してくれる。5年前の自分に伝えたい。“大丈夫!本当に未来は輝いている!”と。

 本当に窮地を救ってくれたのは非常勤で入職してくれた女性医師だ。70人前後の患者の診察、対応、カルテ記載ができない!このままでは患者さんの不利益にしかならないと思っていたところに救いの手を差し伸べてくれた先生。今でもできていなことを補ってくれ、さらには外来対応、胃カメラ検査、健診業務をとても丁寧に行ってくれている。そして良い評判を作ってくれている。なかなかお礼を言うことができていないことが気がかりだが・・。またご飯の会をしてお礼を言おう。そしてこれからも宜しくお願いしますと。

 もちろん病院には診療部以外の仲間が沢山働いていて、病院の使命、理念を共有して各部署が頑張ろうとしている。最近の活気はみていて鳥肌が立つくらい。確信をもって“患者さんにとって、よりよい人生後半のトータルサポートができる病院になる”と感じている。本当に良いスタッフに恵まれていると思う。でも目指すところはまだまだだ。24時間の安心と笑顔を地域の方に提供できるまでは。そのためにはまだ医師、看護師が足りない。思いを共有できる方々に出会えるために、私は自分を磨いていかなければならないと強く思う。

ページトップへ