尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

(診療予約は午後のみ)

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:00

健診・ドックについて

0857-31-2665

午前 10:00〜17:00

ホーム > 私が思っている事 > 私が思っている事:2016年7月

私が思っている事:2016年7月

本を読んでいますか。

 私は子どもの頃からいつも身の回りに本がありました。図書館や本屋で読みたい本を探すのはいつもワクワクします。一人の作家を好きになるととことん読みます。

太宰治、幸田文、向田邦子、石坂洋次郎、村上春樹などなど。また、自分の本棚が本でいっぱいになるのもうれしい(写真は自宅の本棚。見えている後ろにも本があります)。

 読書が日常生活に浸透しているので、いつも本は欠かせません。出産で産院に入院していた時も、こっそり読みたい本を持って行き、授乳が終わるとこっそり読んでいました(出産後はなぜか本を読んではいけないと母に言われていたので・・・)。今でも、車の中(子どもの迎えの待ち時間などに読む)カバンの中(会議に早めに到着したら読む)自宅、理事長室それぞれ本があります。

 最近は、小説よりビジネス本が圧倒的に多くなりました。1週間に1冊は読もうと思っています。学会へ行く時は3~4冊読みます。移動時の飛行機の中、列車の中、待ち時間、食事の時間、ホテルでの時間、大体読んでいます。

 この本を読むという習慣が、今の私を助けているといっても過言ではありません。落ち込んだり、困ったり、行き詰ったりした場面でとても助けられています。パワーをもらったりもします。

 今、私を支えているのは新将命(あたらしまさみ)さん・・国際ビジネスブレイン社長のビジネス人生は“原則原理、FUN、運”「考え方や働き方の原則原理を学び、何をやる時もFUN(楽しい)の精神であたり、運に恵まれさえすれば人生は上手くいく」という言葉です。いつも原則原理から外れていないか、楽しく仕事をしているか、運を呼んでいるか、と考えています。

 新将命さんに会える運はないかなあ(だいたい言葉にすると叶うと思っている)。本を読むのはいいですよ。

ページトップへ