尾﨑病院は鳥取県東部にある病院です。人工透析・リハビリ・健康診断・乳がん検診(マンモグラフィ)などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

0857-28-6616

(診療予約は午後のみ)

午前 8:30〜12:00

午後 14:00〜17:00

健診・ドックについて

0857-31-2665

10:00〜16:30

ホーム > 私が思っている事 > 私が思っている事:2017年5月

私が思っている事:2017年5月

 院内、外部で挨拶や一言をいう機会が多く、いつも何を話せば聞いてくれる人に少しでもその一言が残るだろうかと考えています。なかなか思いつかないことも多いです。逆に早く言いたいと思うくらい良いフレーズ(自画自賛)が思いついたりすることもあります。長めの挨拶をするときは車の中で何回も本番さながら挨拶の練習をしていますので、怪しいかもしれません。「聞いている人に響いていないのではないか」と悲しくなったりもします。しかし、ポジティブな私です。“響かせたい”これ日々訓練と考え、へこたれずスピーチの本や伝え方の本を読んだりしてこっそり研究している毎日です。

 先日、歓迎会の締めのあいさつをするよう言われ、毎度のごとくしっかりビールを堪能した頭には話すことが思い浮かびません。みんな酔っぱらっているし、「先生が尾﨑病院の仲間になってくれたことが嬉しい、これから宜しくお願いします。皆さんもこれからも一緒に頑張りましょう」なんて、どうともないことを言えばいいや。と思い、段をあがりマイクを手にしました。私の目の前には大勢の役職者の皆さん!考えた言葉は消え去り「本当に信頼でき、目的を共にできる多くスタッフに支えられて、尾﨑病院の医療活動が存在するのだ」と、言う思いが押し寄せて来たのです。

そこで言葉にしたのが

医療で一番大切なものは仲間です。

と、理事長になってまた一人の医師として、仲間がいるからこそ成し遂げられることの多さを日々実感していたのです。4月から常勤医師が一人増えたことにより、常勤医師不足が半端ないころより倍の人数になっています。診療の幅が広がったことや、先生方からの意見で改善があること、診療面でのサポートをしていただいていることに感謝しています。これからますます診療部も新しい先生と共に頑張っていきたいと考えています。また、沢山の新入職の皆さんや、これまでも共に頑張って来たスタッフと共によりよい医療が提供できる病院として“地域に貢献していきます!!”。

ページトップへ